~デカチワワのタクとお転婆娘・菜々のパワフルな日々をご紹介~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた「ひとり言」の続き…パート2です

あすかの病気は「自己免疫性溶血性貧血」というものでした。

簡単に言うと自分で自分の必要な血液を壊してしまう厄介な病気なんです

放っておくとどんどん貧血が進んで血液が無くなり死に至ってしまうんです

でも「ステロイド」と言う唯一有効と言われているお薬がありますので
それで効果が出るワンちゃんは回復するケースも多いようです。
ウチのあすかの場合は全く効かず、他のお薬も投与しなければならない事に

ステロイドでも副作用が心配されているのに、抗がん剤の一種(?)のような
免疫抑制剤を投与する事に
その結果、もともと内臓の弱いあすかの内臓は悲鳴をあげ、3度目の輸血の時は危篤状態に陥りました。

発病が判った時は既に脾臓が通常の倍以上に肥大しており、
闘病生活から1週間後には脾臓摘出手術も済ませました。
その時はまだ、この手術が上手くいけば治るって心から信じていたよしみママです

免疫抑制剤はどんなにキツイお薬かが実感したのは手術後余裕を見て約2週間後に抜糸をして
見た目の傷口は本当にきれいに治っていたのに、
このお薬を投与し始めて、どんどん傷口が悪化
「免疫力」は通常悪い物を排除して、自分で病気を治していくという大切な力
よく「自然治癒力」なんて言葉を聞くかと思いますが、
そんな「免疫力」を抑制する・・・つまり、活動させないようにするお薬なんです。

あすかの病気は「必要なもの」まで免疫力が壊してしまうため
その力を抑制せざるおえなかったのです。
治りかけていた手術の傷跡がまた悪化してしまうってスゴイですよね

偶然ですけど、会社の上司の愛犬ダックス8歳の仔も
今年の8月同じ病気で発病から約2週間で亡くなりました
この仔も同じくステロイドが効かず、免疫抑制剤を投与している時
不運にも風邪にかかってしまい、肺炎となりお星様に
やっぱり免疫力を抑制しているので、風邪を自分で治す力が足りなかったのかも
セツナイですよね

そんなお薬でも効いてくれれば、また治療方法も見つかるかもと
ママの思いを判ってか、毎日闘ってくれていたあすかです。

輸血は繰り返す度に違うワンコの血が体内に入っていくため、苦しさが増すと言われています。

3度目の輸血中に危篤になった時のあすかの顔を見た時、
「もう2度と輸血はしない」と決めたよしみママでした。

でもそんな危篤からは想像出来ない回復を見せてくれた我が仔の姿に
副作用が出る可能性が高い「免疫抑制剤」の投与を決心しました。

あすかの病状は輸血から輸血の間が約6日間しか持ちませんでした。
そうです・・・お薬が効かないままでは次の輸血を決意しなければ
貧血で数日のうちに確実に亡くなってしまうのです。

よく「安楽死」って聞きますよね。。。
それとは少し違うのかもしれませんが、「死」を選ぶって事は同じなのかもしれません。

今まで「もし自分がそんな立場になったら???」なんて考え、
絶対に決めれないだろうなぁ・・・ってぼんやり思ったりしたもんです。

実際、小さいカラダであんなに頑張って闘病しているあすかを見て
私は自分で驚くぐらい強い心で接してこれたように思います。

もちろん、毎日のようにたくさん泣いて、
「今夜このまま眠ったらあすかが目を覚まさなければどうしよう」
なんて不安で眠れない夜もたくさんありました。
居なくなるなんてどんなに考えても想像出来なくて。。。

でも反面、あすかの事を決めるのは「私」しか居ない!!
と、驚くぐらい冷静に見つめていれたように思います。

これって私が「本当にママ」になれたのかな。。。
なんて…どうなのかしらん

そして4度目の輸血の後は殆ど元気になる事もなく
輸血から3日目
僅かな期待でもあった「免疫抑制剤」が効かないと判った日…次の輸血はしない事を決意しました。
厳密にはお薬は傷口が開いてきたので効果はあったようですが、
貧血を止めるにはいたらなかったようです

11月14日(金)
病院の先生と相談の末、次の輸血はしないと報告。

先生からあすかへ
「あすか…もう好きな物を何でも好きなだけ食べて良いからね」って言われました。
私にとってこれが一番辛かった言葉です。
なぜかと言うと、小さい頃から腎臓が弱かったので、先生からは食べ物をいつも注意されてて
そんな先生が「何でも食べて良いよ」なんて…有り得ない言葉なんです

そのまま車で近くの大きな公園へ。
事実上、最後のお散歩です。

2008_1116さようなら あすか0029

そんなあすかチンの最後のウマウマ顔です
メニューは「カステラ」ですよ

2008_1116さようなら あすか0022

歩いていれるような状態ではない程の貧血なのに、この凛とした表情がとても切なかったです


そして運命の11月15日(土)。
いつものように近所の公園に行き、病院へ。
採血して貧血の状態を見て、おそらく「明日」は来ないだろういう現実を確認。。。
さすがに先生やスタッフの人達もいつもみたいに
「あすか!また明日ね!」って言ってくれなかったなぁ

2008年11月15日(土)23時55分。
あすか…家族みんなに囲まれお星様になりました。。。

でも、みんなに愛されてとても幸せな一生だったかと思います。

「死」を決意する事はとても、言葉に出来ないぐらい辛い事でしたが、
残りの時間が残酷なぐらい確実にわかるため、最後の数日はずっとそばに居る事が出来ました。

そんな私はとても幸せだったのかもしれませんね。

大切なあすかを病気にさせてしまった事はどんなに後悔してもしきれないけど。
5度目の輸血をしないと決めた事は不思議なぐらい全く後悔していません。
それが「死」を意味していても。

子供の居ない私にとって、あすかやタクは我が仔同然
どんなものにも代えられない「宝物」なんです

そして、あすかは私にとって初めてもワンコでもあったんです

今回の事でたくさんの大切な事をあすかに教えてもらいました。
あすか・・・6年10ヶ月…ママの仔で本当にありがとうね


2009年1月1日。
あすかの四十九日です。

今はまだお家にあるあすかの遺骨ですが、動物霊園に納骨してくる予定です

もしまだ虹の橋で心配そうにママを見ているなら、
ちゃんと送り出してあげないとね

そばにはタクチンが居てくれるので、一緒に元気いっぱいの2009年を過ごしていくからね

新しいイメージ8-2

何を書いてるかだんだん判らなくなってきちゃった
そんなよしみママのひとり言・・・読んでくれた方々…ありがとう
涙、涙の2008年もあと1日

元気に2009年を迎えるぞ~~~~~~
だから・・・安心してね あすか




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

【2008/12/30 22:51】 | よしみママのひとり言
トラックバック(0) |


よしみママ
ひろちゃん☆
コメント有難うございますv-237
そうなんですよねv-356
こんなに子供同然に思う飼い主が多くなってる半面、
すぐに捨ててしまう飼い主も多いのv-355
信じられないけど、それもまた事実v-292
なんか自分の無力さが情けなくなっちゃいますv-355

ひろちゃんは立派なごんちゃんのママ!?
いや、パパですよ~v-352
何よりごんちゃんの安心した顔が物語っていますもんv-237
また来年もどうぞヨロシクお願いしま~すv-221
明日は頑張ってあすかを送り出して来ますねv-218

本当のママですよ
ひろちゃん
涙はだめだよって○シィに書いてあったんで明るいコメントにします。
読ませてもらってあすかちゃんを想うよしみさんのやさしさ、強さをすごく感じました。
ほんとうにこれが母親の姿ですよね。よしみさんあすかちゃんの立派なママですよ。
私も同じく子供いないし(その前に嫁さんも彼女もいないけどv-8 ごんのほんとうのパパになれてるのかなあって思い読んでました。
この瞬間からパパになれるように大切なごんとの時間過ごして行きたいと想います。
あすかちゃんはごんが一番よく会ったわんちゃんですので私の心の中にもずっといます。
1月1日 私も心の中であすかちゃんのこと想ってますね。
ブログにこうやって書き留めておくこと 大切だと想うし、わんこの飼い主に深くいろいろ考えてもらう機会になると思います。
保健所に飼い主がわんこを持ち込む
年々増えてるそうで政府がペット飼ってる方にペット税検討してるようです。
むやみやたらにそういう持込をさせないためだそうです。
そんなことよりも飼い主たちのモラルの向上っていうか命ある動物を飼って育ててることへの常識を教えていかないとダメだと思います。
とっても読んでて私も考えさせられました。ありがとうございました。
長いコメントになってしまいました。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ひろちゃん☆
コメント有難うございますv-237
そうなんですよねv-356
こんなに子供同然に思う飼い主が多くなってる半面、
すぐに捨ててしまう飼い主も多いのv-355
信じられないけど、それもまた事実v-292
なんか自分の無力さが情けなくなっちゃいますv-355

ひろちゃんは立派なごんちゃんのママ!?
いや、パパですよ~v-352
何よりごんちゃんの安心した顔が物語っていますもんv-237
また来年もどうぞヨロシクお願いしま~すv-221
明日は頑張ってあすかを送り出して来ますねv-218
2008/12/31(Wed) 22:16 | URL  | よしみママ #4e5z04M6[ 編集]
本当のママですよ
涙はだめだよって○シィに書いてあったんで明るいコメントにします。
読ませてもらってあすかちゃんを想うよしみさんのやさしさ、強さをすごく感じました。
ほんとうにこれが母親の姿ですよね。よしみさんあすかちゃんの立派なママですよ。
私も同じく子供いないし(その前に嫁さんも彼女もいないけどv-8 ごんのほんとうのパパになれてるのかなあって思い読んでました。
この瞬間からパパになれるように大切なごんとの時間過ごして行きたいと想います。
あすかちゃんはごんが一番よく会ったわんちゃんですので私の心の中にもずっといます。
1月1日 私も心の中であすかちゃんのこと想ってますね。
ブログにこうやって書き留めておくこと 大切だと想うし、わんこの飼い主に深くいろいろ考えてもらう機会になると思います。
保健所に飼い主がわんこを持ち込む
年々増えてるそうで政府がペット飼ってる方にペット税検討してるようです。
むやみやたらにそういう持込をさせないためだそうです。
そんなことよりも飼い主たちのモラルの向上っていうか命ある動物を飼って育ててることへの常識を教えていかないとダメだと思います。
とっても読んでて私も考えさせられました。ありがとうございました。
長いコメントになってしまいました。
2008/12/31(Wed) 01:18 | URL  | ひろちゃん #zQHIT1rU[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。